ヘン書院

色々と覚えたこととか書いていきます
コロナ日本動向予想 2020.04.10

緊急事態宣言が発令されたが、物流・医療の確保が中心で、国民の行動については要請以上のことはなし。

しかし、緊急事態宣言を受け、指定されたサービス業は自主的に休業開始した。

 

欧米はsocial distanceを確保することも目的に様々な施策が実行されているようであるが、日本の場合は行動を制限すること自体が目的化している印象を受ける。

案の定アメリカよりは日本の新規感染者数の推移の傾きは小さい模様。

https://www.youtube.com/watch?v=0pbyDUBvNJc

 

日本のコロナおよび経済対策がGDPの20 %ということで欧米よりも多い(10 %程度)というアナウンスがなされたが、数字のトリックであることが暴かれている。実際(真水と呼ばれる税金から支出されるもの)は2-3 %程度であり、欧米より圧倒的に少ないとのこと。

https://www.youtube.com/watch?v=zzKjxKSMSRk

これも数字を優先したことが原因と思われる。

 

緊急事態宣言が出た直後に経済再生担当相が休業要請の延期をしたと報道に流れた。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1999463.html

(意図はわからないが、このようなことが報道される社会構造であることが問題)

 

WHOの予想、アナウンスがことごとく外れる。(パンデミックは起きていない、国境封鎖を行うな、など)

欧米各国はWHOの勧告を無視して独自に国境閉鎖などを行なったが、日本は常にWHOの勧告に従った。

挙げ句の果てに、ダイアモンドプリンセス号の件ではWHOは日本の対応を激しく批判した。

(これ以外の原因はあるかもしれないが、アメリカの一流紙など国際社会から日本が大きく批判された)

トランプ大統領はWHOを批判したが、WHOもトランプのことを批判している。

(トランプのWHO批判は合理的なことろが多いような気がするが、WHOのトランプ批判は合理的でないように感じる)

 

東京都(小池知事)と政府の休業要請の見解に違いが生じる、とある。

実際にこれにより不都合が生じているかは不明だが(マスコミ騒ぎすぎ?実際に混乱が

起きている可能性ももちろんある)、

政府が出す緊急事態宣言が、細かい要請は都道府県に委ねるとした、強権を行使できない

体制に問題がある。

都道府県としてもシンクタンクを持たないのに独自の判断を迫られるし、

(さらに、都道府県知事の知識レベルは官僚に比べると著しく低い)

そもそも強制力を持たない要請を出さないといけない理由がどこまであるか

疑問である。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6356704

 

病床確保に現場スタッフの教育がボトルネックになっている点と、

現金給付が5月中をメドという点について、スピード感の欠落がある。

これは、プロセスを複雑にしがちという日本人の悪癖の現れである。

ただでさえこの非常時に忙しい医療従事者や、地方公務員も感染拡大を

防ぐために出勤を減らすべきなのに、減らせるはずの仕事が増加する。

欧米では受給資格をシンプルにすることで、数日で現金給付の小切手が届いたという。

病床確保の人材も中小の病院でもできるように、厚生省でガイドラインを

作成することが可能かと思う。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200410-00000011-asahi-sctch

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6356717

 

政府・都などのアナウンスをいろいろな報道機関が全く同じ取材を行い、

いろいろなチャンネルで国民に情報通知行うので、無駄が多い。

本来なら1つのチャンネル(NHKでよい)だけが統一的に行い、

報道陣の無駄な動きや国民への情報行き渡りの混乱を避けるべき。

(東北大震災のときも同じだが、こういう非常時ですらNHKが

国営放送としての役割を全く果たしていないので、NHKが本来の

役割を果たしていないことは疑いの余地がない)

 

COVIDの政府対策を批判する国民が多いかと思うが、

これは平常時に国会議員に対しそうした施策を求めなかった国民の

意思を反映している。

平常時においても、非常時の政府権限についてまともな議論を

すべきである。

 

今後の予想:

欧米の感染者数の収束にかかる期間(モデルによっては3ヶ月などと言われている)より、

日本は長くなると思われる。

欧米では日本より死亡率が高い。これは、国によるCOVID由来の死者数のカウントが

間違っているのか、人種により重症化しやすさが異なるか、欧米で変異したCOVIDが

毒性が強いのか、の3つの原因によると考えている。

3つ目の原因であるとしたら、欧米で終息後も、徹底して他国からの

COVIDの流入を禁止しない限りは、日本においてさらに強力なCOVIDの

再拡大が起こる可能性がある。

特に東京オリンピックはその危険性が高い。

特に、今回の事変をもっていしても、国民の政治に対する意識が変化することはないだろう。

 

今後も常に、「この2週間が山場」というのが延々に何ヶ月も続く。

徐々に、自粛して我慢している人が「これ以上何も自分は協力のしようがないのに、

どこまで協力し続ければ良いのだ」という不満が蓄積する。

この蓄積を防止するのは、どういった行動をしている人がどのぐらいの割合

存在しており、それが故に感染がどのぐらいの数拡大しているという具体的な

数字やケースを示すことであると思う。

もちろん、厳密な数は示せないので、簡単なモデルを用いた概算で構わない。

すると、政府に漫然とした不満が向くのではなく、”解決する見通しのある”

具体的な感染源に対して不満が向く。

そうすれば、具体的な感染源を解決したら、不満が段階的に解消される。

しかし、日本の文化は、「とりあえずみんなで全力で頑張ろう!」という

ことが美徳とされる文化なので、こうしたロジカルなアプローチは決して

しないだろう。

 

| 雑記 | 01:23 | - | -
コロナ日本動向予想 2020.04.06

現在は東京でのみ感染者数が指数関数的拡大になり始めている状況。

ごく限られた件ではまだ感染者が0人。

中国の感染拡大は収束し(中国公開情報上のみ)、アメリカ・イタリア・スペインで爆発的に拡大。

アメリカが世界一の感染者数。

東京は、自粛ー>緊張緩和ー>自粛と段階外交し、2度目の引き締めが起きている。

自粛のタイミングでティッシュ、トイレットペーパー、マスク、アルコール、一部食料の買い占めの波が起きた。

地方都市は、自粛ー>緊張緩和の段階にある。

Googleなどでは民間の不確実なニュースが常に上位に来て、政府の確実な情報にすぐにアクセスできない。また、政府(厚生労働省)のHPにアクセスしても情報が雑多に並べられていて極めて見辛い。アメリカCDCのように情報がわかりやすく提示されていない。(政府機関の情報のわかりやすい通知に対する意識の低さ)

 

 

東京のロックダウンがいつ起こるかニュースで連日騒がれている。

また、政府が、一部世帯への30万円給付と布マスク2枚配布を先週アナウンスしたばかり。

 

アメリカでは減税政策(雇用対策含む)がすでにアナウンスされている。

アメリカでは、不要不急の外出は禁止するが、買い物や1時間程度のジョギングはOKと政府がアナウンスした。

イギリスなどでは罰金などを含む外出禁止令がでた。

 

今後の予想としては、

・地方都市で、二度目の自粛と買い占めが発生する。

・日本では、「●●は自粛要請する」とはいうが、何をしても良いというアナウンスはしない(それが原因で問題が起きた時に責任を取りたくないので)

・東京でいくら感染者数が増えても、地方都市で指数関数的に増えない限りは都市封鎖しない

・自粛要請はあくまで政府の保障を伴わない

| 雑記 | 01:02 | - | -
2002年前後生まれの世代

2002年前後生まれの世代は、かわいそうなことに、例年以上に、目に見えて国の政策で高校生活をかき乱されているように思える。

TOEICの受験への取り込み中止や、コロナでの卒業式廃止など。

 

世代全体というよりは、世代の中堅層。

エリートたちは卒業式やテストの変化なんて関係ないだろうし、ヤンキーたちもそこには無関心。

ただし、マジョリティであり社会を動かす力となりうる中堅層に、「この国はおかしい」と思わせてしまっている。

 

この世代が世の中で重要なポジションにつく時代に問題を起こさなければ良いが、というのが私の1つの懸念。

 

もう一つの懸念は、今後も学生時代を国政がかき乱すことは増加し、特にこの世代に限らず国に反感を持つ若者が増えるのではないか、という懸念。

 

どちらになるかは、20-30年後にならないとわからない。

| 雑記 | 10:23 | - | -
Evernoteが暴走

Macbook Pro (13-inch 2017)

macOS High Sierra 10.13.3

Evernoteクライアントソフト version 7.1.1という環境で、

Evernoteクライアントが1日一回ぐらい急にCPUを暴走させ、

異常にファンが回り出すという事態が発生。

 

Evernoteもデグレが激しいソフトだな...。

 

2018/5/30の記録:

2018/5/30 16:16 暴走 → 1分ぐらいで収まる

2018/5/30 16:19 暴走 → 1分ぐらいで収まる

2018/5/30 17:05 暴走 → 1分ぐらいで収まる

2018/5/30 17:17 暴走 → 1分ぐらいで収まる

2018/5/30 17:19 暴走 → 1分ぐらいで収まる

→さすがに耐えかねてEvernoteを再起動することにした

| 雑記 | 17:44 | - | -
キーボード→タッチディスプレイへ移行する風潮

MacbookのTouch bar、これはブラインド操作に一切向かないと感じた。みながら操作せざるを得ない。

 

| 雑記 | 16:40 | - | -
日本の銀行の口座維持費徴収へ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00000002-san-bus_all

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1952333.html

 

日本の銀行が口座維持費徴収をするとか。

全ての流れを把握しているわけではないのだが、

海外の銀行が導入しているから、という言い分が

あるらしい。


http://tokusuru.info/topics/money/atmi.html

 

例えばATM手数料なんかは海外の銀行では無料である。

ダブルで費用が発生することになったら、ダントツで

日本の銀行はサービスが悪くなることになる。

一流銀行に努める知り合いを見ていても、運用とかに

長けているとは到底思えないので、ますます日本の銀行は

世界の競争の波において淘汰されるのかなあと思う。

| 雑記 | 12:01 | - | -
大晦日のネットの混雑

2017/12/31のネットの混雑(wimax2)

 

18:00ごろから徐々に遅くなり、一旦ピークを迎えた後23時ごろ少し落ち着いた。

しかし、その後また0:00近くにピークを迎え、0:30ごろには混雑がおさまった。

| 雑記 | 00:41 | - | -
政党政治

よく考えたら、中学時代の社会の教科書は、シャドーキャビネットとか書いて日本があたかも二大政党を迎え、アメリカと同じように進んできた、と言わんばかりの内容であった。

国民(インテリ層ですら)がそういう表面的な見方しか出来ないから現在の政局の混乱があるわけで、もう少し多面的かつ連続的に日本で発生している事象を捉え、少なくともアメリカ以外の世界にも目を向け可能な限り客観的に日本の政治をとらえる必要があるのではないか。

 

まぁそう考えると、まず二大政党とか以前に、鉛筆で記入する今の日本の選挙制度は終わっているよね。

どこの発展途上国だよ、と思う。

 

| 雑記 | 08:39 | - | -
日本の移民政策

日本はどんどん移民を増やそうとしているが、移民を増やす前にやることがある。

それは、生え抜きだけを重宝し、出る杭を打つ文化を修正すること。

 

日本人の中ですら奇抜な人材を排除する文化なのに、慣習も背景も全て違う人材が来て活躍できるわけがない。

 

| 雑記 | 12:18 | - | -
正論を訴えるリスク

昨今、社会に悪影響を与える人間の方が発言力があって、でもうっすら発言力があることについて気づいていながら本当には自覚していなくて(発言力の有無、というのは比較の問題で、それは広い視野を持っている人間でないとわからないもの)、なので謙虚さがなくより発言力を持つ。

まっとうな人間こそ、正しいことの強さを自覚していて、それが故相手に遠慮して発言を控える。

 

バランスを保つにはまっとうな人間を支持する一定層がやはり必要で、それにはまっとうな初等教育が必要。

しかし戦後は初等教育が崩壊しているわけで、それゆえに今の社会が形成されているのは言うまでもない。

| 雑記 | 23:08 | - | -
RECOMMEND
パソコン物理実地指導 (物理学演習One Point)
パソコン物理実地指導 (物理学演習One Point) (JUGEMレビュー »)
牧野 淳一郎
物理シミュレーション,特にN体シミュレーションに関する優れた教科書。運動方程式の差分化からプログラミングスタイル,さらにはチューニングに関して言及されている。
RECOMMEND
プロセッサを支える技術  −−果てしなくスピードを追求する世界 (WEB+DB PRESS plus)
プロセッサを支える技術  −−果てしなくスピードを追求する世界 (WEB+DB PRESS plus) (JUGEMレビュー »)
Hisa Ando
近年のCPUに使われている技術は,初学者にとってあまりに複雑すぎる。この本は,教科書に載っているような初等の計算機の理論と最新の技術の間を埋める知識を提供する。
RECOMMEND
Cプログラミング専門課程
Cプログラミング専門課程 (JUGEMレビュー »)
藤原 博文
C言語には見えない重要なルールがたくさんある。この本にはそれらが細かく解説・紹介されている。
CATEGORIES
PROFILE
sakamaki

大手化学メーカ勤務の後、2015年よりフリーの技術者として活動中
趣味はクラリネット演奏

since Oct. 2011
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>